蒲田駅近くのかまた内科糖尿病クリニック。内科・糖尿病内科・消化器科・循環器科・呼吸器科を診療しています。

病気について

病気についてDisease

内 科

内 科

一般的な風邪やインフルエンザ、感染性胃腸炎などの急性疾患から、高血圧・脂質異常症(高脂血症)・糖尿病などの生活習慣病まで幅広く対応しております。また、大田区特定検診・大田区肺がん検診・大腸がん検診にも積極的に対応しております。

高血圧症

高血圧症

高血圧症とは収縮期血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上ある場合をいいます。
高血圧が持続すると、全身の血管にダメージを与えることが問題です。特に、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因にもなります。
適度の運動・減塩に心がけ、必要な場合は薬物治療を追加します。なお、肥満のある方は、減量するだけでも血圧は低下する傾向があります。

かつての高血圧の内服薬は単に血圧を下げるだけの効果しかありませんでしたが、近年の内服薬は心臓などの臓器を保護する効果をもった薬が一般的になってきており、有効性が高まってきています。

脂質異常症

脂質異常症

脂質異常症自体は、自覚症状がないため、健康診断などで偶然に見つかったりすることが多い病気です。
ここで問題となるのは、主に中性脂肪とLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)です。中性脂肪は食後高くなりますが、アルコールを摂取すると更に高くなります。
中性脂肪が1,000mg/dl以上の異常な高中性脂肪の場合は急性膵炎になる可能性が高くなります。急性膵炎は時に死亡することがある怖い病気です。

LDLコレステロールが高値の場合には血管にコレステロールが蓄積して心臓であれば心筋梗塞、脳血管であれば脳梗塞の原因となりますので注意が必要です。

糖尿病

糖尿病

糖尿病は膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの分泌が悪い場合や、働きが低下することで発症する病気です。
1型糖尿病と2型糖尿病に分類されますが、1型糖尿病はインスリンがほとんど分泌されていないためにおこるもので、2型糖尿病は肥満や過食のためにインスリンの分泌が低下して発症するものです。

1型糖尿病は、インスリンがほとんど分泌されていないため、インスリンを注射する必要があります。
しかし、糖尿病の方のほとんどは2型糖尿病です。糖尿病の診断は主に血液検査で行われます。空腹時血糖とヘモグロビンA1c(HbA1c)です。血糖値は食事によって変動しますが、HbA1cは採血時点から過去約1か月間の血糖値を反映する検査で、糖尿病の診断や治療目標などの広く用いられています。
HbA1cの正常上限は6.2%です。これを超えると糖尿病と診断されます。糖尿病は全身の病気であり、特に血管系の合併症を引き起こします。

代表的な疾患は心筋梗塞や脳卒中ですが、目の病気で糖尿病性網膜症なども引き起こします。また、糖尿病のコントロールが悪いと腎臓の機能も低下してきます。
糖尿病性腎症からさらに悪化すると人工透析をしなければならない場合もあります。2型糖尿病の治療としてはまず食事制限と運動療法です。これをおこなっても目標に達しない場合は薬物療法を追加します。薬物治療の基本は内服治療ですが、重症糖尿病の場合はインスリン注射を追加することもあります。
様々な合併症を引き起こす糖尿病は早期診断と早期治療が重要です。

当院では、血糖値とヘモグロビンA1cを採血後約5分で結果のでる機械を備えております。

気管支喘息

気管支喘息

気管支喘息は、慢性的に気管支または気道の粘膜の炎症をおこす慢性炎症性の病気です。
軽症の場合は軽い息苦しさや咳などの症状ですが、重症の場合は息ができなくなるほどの呼吸困難を起こしたりします。

気管支喘息の治療は、ほぼ確立されており、ステロイドの吸入薬をつかってコントロールするのが、一般的です。
しかし、重症発作のときは、ステロイドや気管支拡張剤を入れた点滴をすることもあります。

当院では、重症発作の患者さんにも対応できるように、点滴も常備しております。

胃のABC検診

ABC検診とは?

ピロリ菌抗体検査とペプシノゲン検査を組み合わせ胃癌危険度を診断し、異常のある人に効率的に精密検査(胃内視鏡)を勧奨する検診です。
従来の遂年X線検査より効率的であり、また受検者が自分の胃癌危険を自覚出来るすぐれた方法です。

A、B、C検診は採血のみでピロリ菌感染の有無(ピロリ菌抗体検査)と萎縮性胃炎(ペプシノゲン検査)を判定し、あなたの胃癌発症の危険度を判定します。

ピロリ菌抗体とペプシノゲン検査によるABCD分類
ピロリ菌抗体とペプシノゲン検査によるABCD分類
各群の胃癌発見率はどのくらいですか?
各群の胃癌発見率はどのくらいですか?

(三木らによる)

  • A群 胃は正常、胃癌発症の可能性は極めて低い。
  • B群 胃癌発症のリスクあり。胃潰瘍にも注意。最低3年に1回の胃内視鏡が必要。
  • C群 胃癌発症のリスク高い。最低2年に1回の胃内視鏡が必要。
  • D群 胃癌発症のリスク極めて高い。毎年胃内視鏡が必要。
  • 検査方法:採血約10ml
  • 検査費用:5,000円(自費)
  • 検査結果:約7日後

A群の方は治療の必要なし。
B群およびC群の方はピロリ菌の除菌を強くお勧めします。

※ページ内の金額は全て税込みです。

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)とは?

幼少時に人に感染し、胃に住みつき、慢性胃炎を引き起こします。
胃癌、萎縮性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病など様々な病気の引き金になることが近年分かってきました。

ピロリ菌は、胃癌発症の主役
ピロリ菌感染により慢性胃炎→萎縮性胃炎→腸上皮化生→胃癌という胃癌発症のメインルートが作られています

ABC検診を推進しているNPO法人日本胃癌予知・診断・治療研究機構によると、胃癌の年間発生率はA群はほぼゼロ、B群は千人に1人、C群は400人に1人、D群は80人に1人。
A群は将来的にも胃癌にはまずならないと考えられ、無症状であれば内視鏡検査を受ける必要はない。B群は3年に1度、C群は2年に1度、D群は毎年の内視鏡検査を推奨しています。
注意)食道癌に関してはABC検診ではわかりません。

東京都品川区・足立区や目黒区、埼玉県越谷市などではABC検診を住民検診として導入、高崎しや栃木県大田原市では11年度から開始しています。
企業でも神戸製鋼所が10年から始めました。

クリニック情報Clinic Information

診療時間
 9:00~12:30
15:30~19:00

休診日土曜午後、日曜・祝日

JR京浜東北線「蒲田駅」東口より徒歩約5分
京急本線「京急蒲田駅」より徒歩約5分

〒144-0052
東京都大田区蒲田4-29-2

お電話でのお問い合わせは

TEL 03-3735-1600
PAGETOP
Copyright © 2020 かまた内科糖尿病クリニック All Rights Reserved.